自宅で学べる通信教育スタイルのフラワーアレンジメント教室 資格も取得したいならアイミフローラルデザイナーズ

お家でフラワーデザインレッスン・アイミフローラルデザイナーズ
AIFD Educational Partnerへ

AIFD(米国花協会)公認フラワースクール

 

For English translation of this site, please click HERE .

受講のご案内

Aimiの特色

 

@Aimi Floral Designersのテキストはオリジナルデザインで創った
  解りやすい写真付きテキストを使ってます。

テキストは一番の自慢なんです。満足度100%のテキストを作っているのです。

【テキスト作り奮戦記】
・まず、テーマにあわせた資料調べからです。
  本やネットから調べ回ります。

・次はテーマデザイン作りです。
  ああでもない、こうでもない、といつも頭の中で考えてます。

使う花は市場の季節のお花と相談しながら決定し、
  資材も年がら年中、面白い素材を探しています。

・肝心の作品の写真撮りは、集中力が要です。

・次は撮った写真をPCで調整(明るさや彩度など)するのです。
  意外と時間がかかります。一作品30〜40カット撮って行きます。

・写真の調整が出来たら、いよいよテキストの作成です。

・まず、調べ上げた資料をまとめ

テーマの説明やクラシックデザインスタイルの場合由来などを書きます。

・次に、写真を挿入しながら作り方の説明文を書いていくのです。

最後に全体チェック、表の線種や枠の色、表の大きさ、写真、
  文章チェックをし見やすく解りやすいテキストにして完成です。

テキスト作りは大変だけど、すごい達成感があります。

AAimi Floral Designersのレッスンは新鮮なお花いっぱいがモットー。

鮮度

お花は、板橋市場という東京の統合市場で、配送の日にちにあわせて仕入れに行ってるので、ホントに新鮮なんですよ。完璧主義愛好者です♪

また、お花は安価に仕入れて、なるべくたくさん生徒さんに送ってあげたいじゃないですか。「あまったら別のお部屋に飾ってくれ〜。え〜い持ってけ江戸っ子だ〜い!」ってぐらい。お花がいっぱい届いたらうれしいじゃないですか。まあ、予算に限りはございますが・・・。

だから、なるべく安くて良いものを市場で目を皿にして仕入れてきてるのです。つくばから板橋まで早くて1時間半、混んでると2時間以上かかってしまいますが、苦労も何のその。『きれいだ〜!』って感動してもらったら最高〜!

Bお気に入りのバスケットたち。

資材

資材は、日々色々な所で、じ〜っと目を凝視してチェックしまくってます。可愛くて、お手頃値段のものは、とりあえず人数分買っておいて、後日テキストに合ったものをチョイスしています。
リボン一つにしても、『あっ!安い!可愛い!とりあえず買っとく?』って感じです。
なるべくレッスン修了後も自宅で便利に使えそうな器やバスケットを選んでます。ゴミになるような、ダサイ物は誰も欲しくないものね。

資材に関しては、なるべく安くて良い物っていうのが必須条件なんです。だって、その分、お花をいっぱい送って差し上げたいから・・・♪

C配送準備もまた楽しい。

ヤマトの宅配便を使っています。安心だからです。

配送も楽しいのですよ。
一人一人のレッスン花材をテキストを見ながら、間違え無いよう揃えていきます。
         ↓
本数OK?(なるべく余裕のある本数を多めにお送りしています)
         ↓
本数が揃ったら・・・・
*やわらかい花びらなどの花材は1種類づつ、鮮度保持のフィルム(透明プラスティックフィルム)にくるんで傷まないよう花持ちが良いようラッピングし、

*その他の花や葉は、通気性もよく保温性もある新聞紙!(ナント新聞紙くんって優れものなんです!!)に一種類づつくるみ、

全部間違わないように揃えたら、プロ用延命剤につけ、いざ箱に〜!
器もラッピングして、リボンは入れた?モスは?資材もOK!テキスト入れた!伝票つけた!

出荷が終わるとすっきり〜!!心地よい達成感! 配送についてはこちらのページ→教材の配送方法に写真付きで載っていますご参考に!!

Dインターネットだから出来る生徒さん一人一人とのコミュニケーション

インターネットって、無味乾燥的ってお思いのかたはいっぱいいると思います。
でも不思議!インターネットって、意外と普通のレッスンより一人対一人でコミュニケーションがとれるのです。
私も始めてみるまで解らなかった世界です。

通常の 生徒さん10人位のお教室レッスンって、業界内部の私が言うのもなんですけど、全員ときちんと向き合えない もどかしさがあるのです。
多分どの先生方もそうだと思うのですが、どうしても半分近くの生徒さんには、丁寧に接することができないのです。
『あ〜あの子大丈夫だったかな〜?』って反省することもしきりです。

でも、インターネットって、HPやメールで常に1対1でコミュニケーションをとっているので、はじかれちゃう生徒さんが出ないんです。

なるべく生徒さん皆さんとコミュニケーションを感じていたいので、レッスンの時は、直筆のお手紙をつけていることと、お知らせメールも、一人一人の内容でメールしています。

うれしいお知らせもいっぱい届きます。
『お子さんが産まれたの、先生!』とか『結婚が決まったんです。』等々・・・。
一緒に喜べる関係性って心地よいです。

でも、あまりべったりの関係は苦手って方には、深く入り込まなくてもいいという点が、1対1の良いシステムなんですよ。
1対1だから解る関係性は、逆も真なりなんです。不思議でしょ?

全国、どこの地域の生徒さんとも すぐ近くにいるような感じでコミュニケーションがとれるのは本当にインターネットならではです。